アンチハリウッド!な映画部ブログ

アンチハリウッドな映画部メンバーによるハリウッド以外の映画の記録を綴るブログ。

信頼とは何か?「英国王のスピーチ」

アカデミー作品賞。 吃音に悩む英国王ジョージ6世のお話。

映画の大部分が、繰り返されるジョージとローグの訓練シーン。

ずっと繰り返されたこのシーンが最後のスピーチでの「信頼関係」につながり、 感動を呼びます。 特に、最後のスピーチ。 後半にいくにつれ、感情がこもり熱を帯びたそのスピーチには鳥肌が立ちました。

 

※ちなみに、妻役のヘレナ・ボナム・カーター。  

いつもティム・バートン映画では変な役が多いですが、

普通の女性役でも違和感ないですね(笑

 

王道で上質な映画、という印象ですが、 静かに、でも確実に感動させてくれます。 人からここまで信頼され、そして成果も出す。 こういう仕事ができるように頑張りたいですね。

 

★★★★★★★★(8)