アンチハリウッド!な映画部ブログ

アンチハリウッドな映画部メンバーによるハリウッド以外の映画の記録を綴るブログ。

ゴダール、そのセンスが凝縮「勝手にしやがれ」

勝手にしやがれ [DVD]


ジャン・リュック・ゴダール監督の長編デビュー作にして映画史上に輝く革命的傑作。警官を殺しパリに逃げてきたミシェル(ジャン・ポール・ベルモンド)は、アメリカ人のガールフレンド・パトリシア(ジーン・セバーグ)との愛を楽しむが、警察の追っ手が近づき…。 

大学時代に始めて見たゴダール映画。

これまで見てきた映画の中でも印象度は一二を争う映画。
「フランス」的エッセンスが存分に味わえます。

会話のテンポ、センス、映像のカット等、全く古さを感じさせず、
今見ても斬新で、思わずにやにやなってしまいます。
ポールがとにかくかっこいい(タバコのふかし方ひとつとっても。。。)!
ジーン・セバーグがとにかくキュート!
(この監督は女性をキュートに撮るのがうまい!)

ゴダール作品の中ではストーリーも分かりやすく
ラストのオチもしっかりしてるので
全ての人に一度見てほしい作品です。

★★★★★★★★(8)

 

勝手にしやがれ [DVD]

勝手にしやがれ [DVD]