アンチハリウッド!な映画部ブログ

アンチハリウッドな映画部メンバーによるハリウッド以外の映画の記録を綴るブログ。

デボラ・フランソワがめちゃくちゃ可愛い!王道!『タイピスト』

タイピスト!(字幕版)

(投稿日 2016年12月30日、更新日 2017年6月13日)

年末は、観ようと思いながら観れていなかった、すごくキュートなフランス映画で締めます!

あらすじと感想

「タイピスト」です。1950年代のフランス。秘書が女性の憧れの職業だった時代。田舎から出てきた夢見る少女、ローズ(デボラ・フランソワ)とコーチ役のルイとの恋愛&サクセスストーリー。

 

ストーリーは超王道。絵に書いたようなサクセスストーリー&恋愛もの。いや、面白くないことはないんです。結構最後もスカッとする感じだし、期待を裏切らない展開。

 

でも、この映画の見どころは、そんなストーリーはさておき、主演のデボラ・フランソワの純粋さ・かわいさではないでしょうか。最初は田舎の娘って感じなのですが、ストーリーが進むに連れどんどんかわいく、きれいになっていく。フランス人かと思いきやベルギー出身の女優さんなんですね。

 

特に、クリスマスの日&フランス代表を決める前夜のシーンなんかは最高です。ちょっとふっくらしたオードリー・ヘプバーンみたいな。チュルパン・ハマートヴァとも通ずるものがあります。

 

スポンサードリンク

 

デボラ・フランソワってどんな女優?

f:id:atukfr:20170214224305j:plain

デボラ・フランソワは、1987年生まれの、ベルギー出身。

 

2005年にベルギー映画の「ある子供」の主演女優としてデビュー。この「ある子供」は非常に高く評価され、パルムドールを受賞するとともに、デボラ・フランソワもベルギーのオスカーである「ジョゼフ・プラトー賞」を受賞。

 

以降、数々の映画に出演しており、現代のオードリー・ヘプバーンとの声も。

 

f:id:atukfr:20170613210237p:plain

 

2012年に公開されたフランス映画「メモリーズ・コーナー」で来日しており、神戸を舞台に撮影が行われ、西島秀俊とも共演しています。

 

 

 

レジス・ロワンサル監督&デボラ・フランソワのインタビュー

本作が長編映画デビュー作となるレジス・ロワンサル監督とデボラ・フランソワのインタビュー記事もご覧ください。

 

R・ロワンサル監督のファッションから音楽、小道具など細部に至るまでのこだわりや、「麗しのサブリナ」のオードリー・ヘプバーンやロッキーなんかの影響を受けていることなどが語られており、さらにこの映画を好きになると思いますよ!

 

映画『タイピスト!』R・ロワンサル監督&D・フランソワ インタビュー 本当にあったことを題材に 極上のファンタジーを。 | dacapo (ダカーポ) the web-magazine

 

まとめ

結構王道なスポ根ものなので、映画を観てスカッとしたい人、純朴な雰囲気にほっこりしたい人、には是非観てほしい映画。

 

デボラ・フランソワのキュートさに酔いしれてください!

 

★★★★★★★★(8)

 

 

↓↓ タイプライターやフランス雑貨もかわいいです♪ ↓↓

タイピスト!(字幕版)

タイピスト!(字幕版)

 

 

スポンサードリンク