アンチハリウッド!な映画部ブログ

アンチハリウッドな映画部メンバーによるハリウッド以外の映画の記録を綴るブログ。

パリの街並みと芸術家とマリオン・コティヤール!「ミッドナイト・イン・パリ」

ミッドナイト・イン・パリ(字幕版)

あらすじと感想

ウディ・アレン監督が、全編パリで撮り上げたロマンティックコメディ。

 

ハリウッドの脚本家ギルは、婚約者とその両親と共に憧れのパリに滞在中。そんな彼がある夜、0時を告げる鐘の音に導かれて迷い込んだ先は、芸術花開く1920年代だった! これは夢か幻かと驚くギルの前に、次から次へと偉人を名乗る面々と、妖艶な美女アドリアナが現れて・・・。

 

オープニングの数分はパリの街並みがずっと流れます。正直長いのですが、パリ好きの私にとっては思わず見入ってしまいました(笑

この時点で、すでにこの作品は好印象。

 

ストーリーはまあまあという感じですが、とにかく次々と芸術家が出てくるので、次は誰?というのが楽しみで。知らない名前もいくつかあったので、その都度ググってみて、へえ~と勉強になったり。

 

でもそんな芸術家よりも一番の注目は、主人公や多くの芸術家から愛された女優、マリオン・コティヤール!

 

f:id:atukfr:20171106225532p:plain

 

美人過ぎない美人というか、独特の艶っぽい雰囲気を持った魅力的な女優さんですね!

 

登場する芸術家

スコット・フィッツジェラルド(トム・ヒドルストン)

&ゼルダ・フィッツジェラルド(アリソン・ピル)

アメリカ出身。作家。「華麗なるギャッツビー」ですね。

 

アーネスト・ヘミングウェイ(コリー・ストール)

アメリカ出身。作家。「日はまた昇る」「老人と海」

とにかく男前。

 

コール・ポーター(イヴ・エック)

アメリカ出身。作曲家。

 

ガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ)

アメリカ出身。著作家。パリに画家や詩人たちが集まるサロンを開いた。

 

パブロ・ピカソ(マルシャル・ディ・フォンソ・ボー)

スペイン出身。画家。愛人が沢山いたらしい。

 

サルバドール・ダリ(エイドリアン・ブロディ)

スペイン出身。画家。エイドリアンがそっくりすぎ!

 

マン・レイ(トム・コルディエ)

アメリカ出身。写真家。シュルレアリスト。

 

ルイス・ブニュエル(アドリアン・ドゥ・ヴァン)

スペイン出身。映画監督。

 

トゥールーズ・ロートレック(ヴァンサン・マンジュ・コルテス)

フランスの画家。「ムーラン・ルージュ」のポスターが有名。

 

ゴーギャン(オリヴィエ・ラブルダン)

フランスのポスト印象派の画家。

 

エドガー・ドガ(フランソワ・ロスタン)

フランスの印象派の画家、彫刻家。

まとめ

展開のテンポがいいので、あっという間に見終わっている作品。パリの雰囲気が好きな人、ある程度昔の芸術家の知識がある人、が見るととても興味深く観れるのではないでしょうか。

 

古き良き、華やかさのある映画です。

 

★★★★★★★★(8)